価値観の違い

結婚には愛が必要ですが結婚生活を長く続けるのはお金の方が必要かも知れません。

私が離婚した理由は主人とのお金の価値観が違いすぎた為でした。

元主人は不動産の営業をしていたのでバブル期には相当儲けていたようで贅沢三昧の生活を送っていたようです。

バブルが崩壊して私と結婚した時にも過去の栄光が忘れられないのか、何時か大金が舞い込んで来ると信じ相変わらず贅沢ばかりをしていましたが、それに見合ったお金を家に入れてくれる事はありませんでした。

当時は私の給料も女性にしてはかなり良かったのですが私がどんなに頑張って働いても主人が私の給料を当てにして借金をしたり欲しい物は必ず買っていた為に働けど働けど生活は苦しくなる一方でした。

主人にとって1万円と言う金額は私のとっての1000円で私が安い食材を求めてスーパーを何件も回ったり欲しい物も我慢した中で美栄を貼って同僚に食事をおごったりしてお金の価値観の違いで些細な事での夫婦喧嘩が絶えず時には暴力もあり私は疲れ果て離婚を決意しました。

今では元主人も質素な生活を送り私が言っていた意味が解ると言っていますがもっと早くに気づいてくれたら離婚しなくてもすんだかも知れないと思う事があります。

私の友達夫婦はお金がなくても私達には愛があると堂々と言っていますが、それはお金の価値観が同じだから言える言葉だと私は思っています。